管理栄養士から聞いたダイエット方法、散歩が効果的

今から1年前になりますが、健康診断で中性脂肪でひっかかりました。

「要検査」ということだったのですぐに病院に受診しました。薬の処方とかはなかったのですが、ダイエットを勧められました。その時、管理栄養士から聞いたダイエット方法を紹介したいと思います。

方法は、「1回の食事で摂取するご飯はご飯茶碗に一杯だけ。炭水化物は2種類同時に摂取しない事。肉類の摂取は控え、魚を多く摂取する事。お菓子やジュースは摂取しない事。サラダ油を利用した料理は極力作らないようにする。炒め物より煮物を食べるようにする。21時以降の食事は控える。

もし夜間にお腹が空いて何か食べたくなった場合は、野菜を多く使っている食品を食べるといい(例:野菜を多く使ったサンドイッチ。またはサラダ)。どうしても甘い物が食べたくなった場合はお菓子を食べるのではなく、糖質ゼロのコカ・コーラやブラックコーヒーを飲んで気を紛らわせるといい。

ほうれん草などの食物繊維が多く含まれている野菜を摂取するようにする(理由は便秘の予防になるから。便秘になると体重が増えるので便秘は厳禁との事)。一番重要なのは食事はゆっくり食べる事」です。ちなみに何故ゆっくり食べるといいのかというと、ゆっくり食べると人のお腹というのは膨れやすくなるみたいです。

なのでゆっくり食べれば、早く食べるよりも摂取する食事の量が少なくてすむという事です。管理栄養士の方が言うには、この食事ダイエットをすれば二か月程度で効果が現れるとの事でした。事実、私も初めて二か月で体重の減少がみられました。そして管理栄養士の方が言うには、ダイエットというのは急激に痩せるのは厳禁との事です。

理由は、「リバウンドしやすい」かららしいです。ダイエットで最も重要なのは「少しずつ痩せる」事のようで、管理栄養士のお話では、「一ヶ月に1~2キロ」のペースで痩せていくのが最も理想なダイエット方法だという事でした。

私はこの食事ダイエットで一ヶ月に1.5キロ程のペースで痩せ続け、一年で10キロ程度、体重を減らす事が出来ました。運動などしなくてこれです。あと、運動でのダイエットも教えてもらいました。

ダイエットに繋がる運動で一番のお勧めは、「散歩」との事です。ランニングは慣れないと長い距離を走るのは難しいので、あまり効果的ではないとの事です。なので徒歩による散歩が効果的との事でした。

ちなみに最初は短い距離から初め、慣れてきたら徐々に距離を長くしていくといいとの事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする