加齢臭を防ぎたいなら!3つの食品を食べよう

食品の中には、体臭を抑えてくれるものも存在しています。
加齢臭が気になってきたときには、それらの食品を優先的に食べてみるとよいでしょう。

抗酸化作用の強い食品

体が酸化しやすくなると、加齢臭を放つ原因になってしまいます。そこで、普段から体の酸化を防止する食品を食べるように心がけてみましょう。
抗酸化作用の強い食品として、果物や野菜が存在しています。果物や野菜の中には、ビタミンやベータカロチンが含まれており酸化を防止してくれます。食事を摂取するときには、野菜を多く取り入れお腹がすいたときには、果物をおやつ代わりに食してみるとよいでしょう。

他にも、ポリフェノールも抗酸化作用が強い食品です。ワインやぶどうジュース、ルイボスティーを飲む生活を心がけてみるとよいです。

アルカリ食品を摂取しよう

食品の中でも、アルカリ性の物を摂取することで加齢臭を抑えやすくなります。
まず、アルカリ食品としてお酢や梅干しを摂取してみてください。これらの食品はアルカリ性になっており、体内で臭いの原因となる乳酸の生成を抑えてくれる働きが期待できます。

お酢は、漬物に利用することもできますし薄めることでそのまま飲むことが可能です。梅干しもそのまま食べることができますが、ご飯と一緒に食することで酸っぱさも中和され美味しくいただくことができるでしょう。

アルカリ食品として、海藻類も存在しています。海藻は、サラダやみそ汁として食べることができるうえ美味しいので、普段の食生活に取り入れやすいです。

乳製品を摂取する

腸内環境が崩れてしまうと、腸内にガスが溜まってしまい臭いの原因となってしまいます。体の中から起こる加齢臭が気になっている人は、乳製品を積極的に摂取してみてください。

ヨーグルトを毎日摂取すれば、腸内の善玉菌を増やすことができ、腸内にガスが溜まってしまうことを防止することができます。ヨーグルトの中には、砂糖が入っているものもあるので、プレーンが苦手に感じている人でも食べやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする